【サイトレビュー】インプロ部+即興ディベート専門ページ

インプロ部:即興ディベート専門のページ

駆け出し時代の私の代表作ブログであり、現在も色々とお世話になっている即興ディベート専門のページです。

このページがあったからこそ今の私がいるようなもの。

【ディベート】と検索をすると2~3位あたりにいるので、是非ともお試しください。

ホームページ運営で大切なことは全てこのページで学びました。

Googleで2位

無名の状態から私が即興ディベートの講師として集客に困らなくなったのは、このサイトがあったからです。

個人のブログではありましたが、自分でも驚くくらいの戦績。

Googleで堂々の2位&3位浮上

Googleで【ディベート】というキーワードを打つとナント2位。【ディベート ディスカッション 違い】では1位にいると思います。

当時は、ディベートの講師としては誰からも評価をされていませんでした。
ほとんど無名キャラでした。

唯一評価をしてくださったのが、Google先生でした。

そして、毎日のように訪問して下さるユーザー様。
感謝しております。

ディベートで2位

2位になれた理由を分析

1.技術的なSEOはワードプレス任せ

GoogleのSEO最高責任者マット氏とWordpressの創始者マット氏の以下の言葉を信じました。

WordPress is a great choice

WordPress automatically solves a ton of SEO issues.

WordPress takes care of 80-90% of
(the mechanics of)
Search Engine Optimization (SEO)

(意訳)
ワードプレスを選ぶことは、非常に良い選択です。

なぜなら、ワードプレスは、SEOに関する多くの問題を自動的に解決してくれて、SEO(サーチエンジン最適化)の手法の80%~90%に対応するように作られているからです。

(Matt Cutts、「WordCamp San Francisco 2009」での講演映像の3:11~の部分より(スライドの11ページ目))

 

当時は、SEOについてウンチクを語っていましたが、Webマーケティング会社が行うようなSEO対策はいっさい行っておりませんでした。

ひと昔前に流行ったオールドドメインや被リンクの購入は一切行っておりません。

キーワードやタイトルにこそエネルギーを注ぎましたが、コンテンツにだけ力を注ぎました。

GoogleのSEO責任者とワードプレスの創設者のダブルマッツの言葉を信じて、記事の作成&修正に励んでいました。

2.Googleの理念通りに行動した

 

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる
  2. 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番
  3. 遅いより速いほうがいい
  4. ウェブ上の民主主義は機能する
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている
  8. 情報のニーズはすべての国境を越える
  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる
  10. 「すばらしい」では足りない

Google が掲げる 10 の事実

 

1、2、6、10はかなり意識していましたね。

ユーザーに焦点を当てて、ひとつの記事をとことん極めました。

同業者を煽るような文章を書きましたが、特別悪事は働いていません。

「Better than best」と叫びながら、ディベートについて自分が伝えられる限りのことをすべて文章とイラストで伝えました。

GoogleアナリティクスとにらめっこしながらPDCAサイクルだけは回していました。

3.ディベートのテクニックは使った

  • 常識や定説にかみつく
  • 専門用語を多用する(それ自体がキーワードになる)
  • 議論をふっかけるような文章にする
  • 主張→理由→根拠の流れで書く
  • 自分の主張に対して自分でツッコミをいれる(ひとりディベート)
  • 弁証法を心がける

など、こんな文章をGoogleは好んでくれます。Googleがアメリカ人だから!ですかね。

アメリカ人に受ける文章にすれば、Googleはあっさりと評価してくれます。

4.PDCAを回した

1ページを400回更新した人
この記事は、400回ぐらい更新しました。
ディベートの基礎知識-4つの特徴-

GoogleアナリティクスやGoogleConsoleを入れて、
毎日のようにキーワードと数字とにらめっこ。

共起語の活用と図で説明が上手にできたのか、たくさんの人から読まれるような記事にはなってくれました。

5.ワードプレスのテーマも何度も変更した

ワードプレスのテーマも何度も変更しました。

使用したテーマは以下の通りです。

  • infoplate5wp
  • sinka
  • 賢威6.2
  • Affinger4

・・・全部、アフィリエイト系のテーマじゃん…と突っ込みたくなるかもしれませんが、その通りです。
当時は、アフィリエイト系のテーマがSEOや使い勝手が抜群だという考えをもっていたました。

この考えは、Lightningに出会ってからだいぶ変わりましたけれど・・・。

それでも権威やAffinger4は人におススメしています。
ちょっとした問題はございますが・・・

数年後に予想以上にヒットした

そんな感じでコツコツと更新してきました。嬉しいことに、2016年ごろに一気にヒットしてくれました。法人や団体ページを追い抜いて、「ディベート」と検索をしただけで2位に表示されるようになりました。

SEOの専門家からも、この数字には驚かれます。

なお、この記事のSEO戦略ですが、ワードプレスとテーマ任せで大したことはしていません。

あえて言うなら、文系型のSEO対策をしていますね。

プロのデザインではないと指摘された

さて、嬉しいことに同業者からも認められるようになったこのページですが、ひとつ欠点が。

お客さんから、このデザインと文章はちょっと・・・と突っ込まれました。

こうして、Lightningを使うようになりました。

まとめ:このサイトに出会えたから今の自分がある

ですかね。

恥ずかしいお話ですが、やっぱりこのサイトがあったから今の自分があります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です