このページに辿り着いたということは、既に何らかの事業を始めている、もしくはこれから起業や団体の設立をしようとお考えかと思います。

もしもあなたがホームページを本格的に活用して、集客・販売などの成果につなげたい場合は、必ずウェブサイトを複数持つようにしてください。ひとつのホームページで何で色々とやろうとしないでください。

ホームページがひとつだとダメな理由
集客と販売が混同するから

これに尽きます。ホームページ運営の基本的な考えはリアル店舗や営業と同じです。
それは

  • 集客:見込み客を集める活動
  • 販売:見込み客に売る活動

を分けて成立します。例えば、リアル店舗などはチラシや広告を配りますが、直販専門の業者でない限り、チラシや広告だけで直接商品やサービスを販売しようとはしません。まずは、見込み客様から興味・関心を持ってもらい、来店してもらうところからスタートです。そこで、商品・サービスについて深く理解をしてもらい、お客様が、この商品を欲しいと思ったら、はじめて商品が売れます。

  • 集客:広告やチラシなどで見込み客を大量に集める
  • 販売:商品・サービスを購入してもらう働きかける

これは、ウェブマーケティングにもいえます。1.集客:大量にユーザーを集めるところからスタートをして、2.販売:集まったユーザーのニーズにマッチした商品を販売していきます。

ひとつのホームページではダメなのか?
ひとつでもできます。しかし、分けたほうがカンタン

結論からいうと、ひとつのホームページで出来なくもないです。そして、実際にホームページひとつで集客から販売までできている事業主様もいます。

1.試作用(実験に使う)
2.コーポレートサイト用(名刺代わり)
3.集客用(ブログやメディア-SEO対策をガッツリ)
4.販売用(ランディングページやキャンペーンサイト)

これ超大事!ひとつのホームページで、名刺、集客、販売をやらないほうがいいと思います。
ちなみに、全部WordPressでやる必要はないかな、と思います。SNSや無料ブログでアクセスが集まっているのなら、そっちはそっちでやればいいし、足りない部分を補強していくのが理想だと思います。

度々しつこくて申し訳ないのですが、ホームページひとつで集客はできます。