こんにちは。木村です。

おそらく、このページを制作している方は、何らかの理由でホームページ制作を発注することを検討しているのだと思います。

誰にホームページを頼むべきなのか?

その中のひとりとしてカウントしてもらえればうれしい限りですね。ありがとうございます。

さて、この件で迷っているのなら、今回の記事はヒントになるかもしれません。どういう風に考えて、ホームページ制作を発注するのか?この点について解説をしています。

ホームページ(個人サイト)制作のお仕事は3つ

  • ウェブデザイナー:お客様の依頼通りにホームページを制作する人
  • ウェブマーケッター:お客様が、ホームページで成果を出せるようにする人
  • コンテンツクリエーター:Webに掲載するコンテンツ企画・立案する人

今のウェブ制作現場では、この3人が力を合わせて、ひとつのホームページを作ってくんですね。最近は、フリーランスの方でもチームを組んで、各自の強みが活かせるように役割分担をキチンと行っています。その中で、私がお願いされるのが、ウェブマーケティングですかね。SEOやコンバージョンの相談はよく受けます。

一方で、私が本当に得意なのは、コンテンツ制作だったりします。

何が言いたいか?おそらく、あなたは誰にホームページを発注しようか?と検討中かもしれません。

全ての仕事ができる人はいるの?

自身の経験で恐縮ですが、私は見たことがありません。複数のスキルを組み合わせているかたもいますね。モデルはありますね。図を作ったので参照してください。

組み合わせモデル

いかがでしょうか?余談ですが、全てをソツなくこなすよりも、どれかに突出しているほうが仕事では有利です。例えば、デザインの世界でもコーディングに強い人やイラレやフォトショの操作に強い人など・・・何かと専門性があるほうが有利です。何でも屋は不利です。だから、みんな自分の得意な分野に突出しようとします。

さて、何が言いたいかというと・・・私はこの「何でも屋」なんですね。元々、ディベートやエニアグラムの講師を目指していて、ホームページ制作は、講座への集客をするため、仕方なく覚えたような人です。(意外とハマってしまい、人に教えられるレベルになりましたが・・・)

個人サイトは何でも屋に任せるべきか?

仮に、あなたがどれかに突出していて、何か足りないところがあれば、そこを補ってくれる人に任せればよいと思います。もちろん、ひとりでできなくても、グループ・チームの中に企画・デザイン・マーケができる人がいれば、その人にお願いすることをお勧めします。

例えば、

  • あなたがカウンセラー系の協会を運営している。カルキュラムとホームぺージは完璧。アクセスアップや集客が課題。マーケティングに強い人に相談
  • 既にカルキュラムとお客様はいる。後は看板となるホームページだけが必要。安く引き受けてくれるホームページ業者・フリーランスの個人に相談

こういったケースの場合、何でも屋に相談したり、仕事を依頼しないほうがいんです。餅は餅屋に任せるですね。