弁証法の勧め

繰り返しになりますが、ディベートの試合では、肯定側になるか?否定側になるか?は、試合の直前に決まる。これがいちばん大きいです。

実例をお見せするとこんな感じです。

ポイント1.異なる視点で物事を考えられるようになる

【例】「副業を認めるか否か」のテーマでディベートをした場合

自分の意見はいったん外において、第三者の立場で議論に参加をします。

例えば、あなたが個人的に副業に賛成だとします。
しかし、反対側に立ったら、反対意見を論じなければなりません。

「え?意に反することを言うの???」

と思うかもしれませんが、その通りです。んな感じです。

自分の意見をディベートに持ち込むことはできません。

例えば、あなた個人が副業について賛成であっても、反対側の立場になったら、反対意見を述べなければなりません。

  • 反対側の議論を組み立てる
  • 賛成側の意見に対して反論する

ちなみに、2016年、2017年は副業をしている身でした。ですが、副業をテーマにディベートをして反対側の立場になったら、全力で副業反対の意見を組み立てることができます。

自分の意見はいったん外におく。真逆の意見も組み立てられるようになる

ポイント2.結果、相手の立場で考えることもできる

「自分とは違う視点で物事を考えられるようになりました」
「自分の考えが偏っていた、ことに気づきました」
「論理的に伝える!と言いながら、凝り固まった考えでした」
「主観を完全に排除するのは難しいですが、勉強になりました」

これはディベートを学ぶからこそ得られる効果ですね。

もちろん、自分の考えを手放す必要はありません。これまでの常識や当たり前を手放して、より広い視点で物事を考える機会を得ることはできます。

ここはお約束します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です