当て馬にしないで

当て馬:価格交渉のカードのこと
お客様「私の知り合いで木村さんという方がいて、その人はもっと安く制作してくれるみたいなんです。なので、●●さんももっと安くしてくれませんかね?」

依頼者側として、複数の会社に見積書を出して、いちばん安いところから注文を取れば制作費を抑えることができます。

つい最近のお話、あるお客様が私に当て馬にされました。

「木村さんは20万と仰いましたが、別の会社では15万円ぐらいで作ってくださるみたいです。それなので、もう少し安めにしてほしいのですが・・・」

その瞬間に断りました!

仮に15万円に応じたら、次はその「別の会社」に、15万円より安い金額を要求して、その15万円の見積もりをカードにこちらに値下げ要求を仕掛けると判断したからです。もちろん、クライアントの気持ちもわかります。なるべく安く創ってもらいたい!という気持ちは。

ですが、そういうお客様のために120%の力で頑張ろう!とは思えないんです。もしも、10万円をきったら、50%以上の力しか出ないかもしれません。価格の問題というより信頼関係の問題ですね。

話を戻すと、私のことを信頼して下さり、お金はきっちり払います!という態度を示して下されば、その気持ちに応えます。

・・・いや!そんなくだらない交渉に時間を奪われるくらいならページの制作に費やしたいだけです。そのほうが、時間的にも、金銭的にもお得なわけです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です